サイト更新情報

2021.10.12

【お知らせ】文化財IPMコーディネータ資格制度の改正について

 「文化財IPMコーディネータ資格」(以下「資格」)は、平成23(2011)年の制度創設以来博物館、美術館、図書館、資料館等における収蔵品、展示収蔵環境・施設・設備等に係る虫菌害防除のための管理業務において重要な役割をもち続けており、現在資格保有者数は539名に達しております。文化財、書籍その他の保護において虫菌害に対する燻蒸その他の直截的な防除と併行して展示等の日常的な管理が重要とされる現在、IPMの知識・技能をもち実務に携わる資格者の位置づけもさらに重要性を増していくものと考えられます。
 当研究所では、制度創設以来いくつか指摘されている資格の取得とその更新に関する課題について、主として資格の新規取得者と資格既保有者との立場から見直しを行い、「文化財IPMコーディネータ規程」を改正しました。
 今後資格を取得される方、現在資格をお持ちの方は新たな制度をご理解いただき、諸手続等をお執りいただくようお願い申し上げます。

詳しくは文化財IPMコーディネータのページ

文化財IPMコーディネータ資格制度の改正についてPDF